東京での居抜き物件はこのサイトで完璧

東京で居抜き物件を探したいなら、まずは大手の不動産サイトで全国の貸店舗を検索するのが良い方法です。居抜き店舗では、前の使用者が利用していた設備や椅子などの家具、さらに様々な備品をそのまま使用できるのが特徴です。特に費用のかかる厨房設備を利用できるため、飲食店で新規開業する場合は費用を大幅に抑えられます。一方、スケルトンの場合は店舗の設備が全くないので、多額の初期費用が必要になります。また居抜き店舗では、開店までにかかる工事期間が短縮できるというメリットがあります。工事期間中でも賃料はかかっているので、開業に必要な準備期間はなるべく短い方が運営資金を節約できます。ただし内装のイメージを大きく変えることはできないので、あまりに希望とかけ離れた居抜き店舗を選ぶべきではありません。不動産サイトの物件情報では、店舗内部の画像も載っていますが、契約前に下見する方が良いです。

物件数の多い住宅情報サイトで検索する

居抜き物件を東京で借りる場合、全国対応の住宅情報サイトで検索すると豊富な物件を閲覧することができます。さらに物件を選ぶ際に、立地条件にも注意を払うべきです。どのような業種の店舗であっても、多くのお客に利用してもらうことが目的です。出店する場所が悪いと十分な集客ができません。そのためお店に適したエリアを選ぶ必要があり、客層や人通りが多くなる時間なども考慮することが重要です。駅前は立地条件としては良いですが、その代り賃料は高いです。お店の種類にもよりますが、駅前以外では、繁華街も集客が望めるエリアです。また居抜きで塾経営を行うケースも多いですが、その場合は学校が近くにある方が、生徒を集めることができます。いずれの場合も、情報サイトで気になる物件を見つけたら、早めに不動産会社に連絡すべきです。

大手の不動産会社なら随時相談ができる

居抜き物件は東京では人気があるため、掲載物件の中でも好条件のものから決まっていきます。そのためすぐに問い合わせができる不動産会社の方が、物件選びには適しています。また物件の検索欄には、賃貸マンションや戸建て住宅の他に、貸店舗や貸事務所などの項目がありますので、貸店舗の中から居抜きと表示されている物件を選ぶと、効率的です。また居抜き店舗は出店コストを抑えられるだけでなく、前テナントの利用客を引き継ぐことも可能なので、ランニングコストも削減できます。ただし業種が似ている場合は、前のお店の悪い印象を引き継ぐというリスクもあります。そのため新規にお店をオープンする場合は、オンライン上の物件情報だけでなく現地の評判なども調べ、さらに不動産会社にも相談すると失敗しません。