東京で居抜き物件を借りるときのHowto

事務所を構えたり飲食店を開いたりする場合には、そのための物件が必要です。ただの物件ですと、改装したりする必要があり、初期費用が多くかかります。また、物件によっては改装したりできないものも多くあるので、探すのはとても大変なことです。運良く見つけるためにも、不動産会社に頻繁に通ったりする必要があり、時間も手間もかかります。東京で探す場合も同じで、手ごろな物件を見つけることは難しいです。そのような時に便利なものが、居抜き物件です。居抜きの場合には、以前使用されていたものが残っていたりして、それらをうまく使うことができれば初期費用を大きく節約することができます。しかし、そのためには注意しなければいけないこともあるので、ある程度は把握しておきましょう。

事業計画や希望条件を明確にしましょう

東京で居抜き物件を借りる際に、どれでもいいから借りるというのは良くありません。会社の事務所として使うのか、飲食店として使うのかでは求められるものが違ってきます。そのため、どのような事業をするために借りるのか明確にしましょう。その際には、飲食店であれば、和食なのか洋食なのか、提供するスタイルはどのようなものなのか、細かいところまで決まっていることが大切になります。また、希望の条件も同じくらい重要です。物件と言っても様々な場所にあり、市区町村の希望や駅の近くであるか、大通りに面しているのか駐車場があるのかなど、必要である条件を事前に書き出しておきましょう。不動産会社に行って条件を言うときも、事前に書き出しておくことですんなりと話を進めることができます。

設備の状態にも気を付けるようにしましょう

居抜き物件で重要なことは、既存の設備を引き継いで利用できるかという点です。その際に、引き継いで利用できるからと言って、必ずしもいいというわけではありません。設備を引き継げる場合に確認することは、その設備が十分に使うことができるかという点になります。見た目が良くても、数回使用したら壊れそうなもの、自分の事業と合わないデザインのものなども中にはあります。そのような場合は、修理したり買い替えたりしなければいけないこともあるので、注意しましょう。また、残っている設備を使用する場合には買い取らなくてはいけないのか、または取り換えができるかなど契約をする前に確認することが大事です。東京で居抜き物件を借りる際には、できるだけ安くするためにもそのような点も注意しましょう。